2010年12月10日

なっとく、いずれ歴史的転換点と評価 ノーベル賞授賞式

人のやることっておもしろかったり悲しかったりいろいろですね。
なぜか気になるんで。
速報に関して、なっとく、いずれ歴史的転換点と評価 ノーベル賞授賞式について調べてみました。

☆★☆

いずれ歴史的転換点と評価 ノーベル賞授賞式
産経新聞 12月10日(金)21時39分配信

【北京=伊藤正】中国の作家、劉暁波氏へのノーベル平和賞授賞式は、服役中の本人はむろん、家族ら代理受賞者も不在、さらに約20カ国の大使が欠席する中で行われた。中国政府の妨害工作の結果だ。今回の事態は、中国が国際社会の批判を力で排除する意思を示したものであり、ノーベル賞委員会の願いとは逆に、中国の民主化は、遠のくとの懸念が強まっている。

中国は当初、劉氏への授賞を圧殺、報道規制していたが、最近は反平和賞キャンペーンを強めた。そのポイントは、(1)中国の国内法で有罪になった人物への授賞は内政干渉である(2)中国には国情に沿った価値観があり、欧米の価値観が唯一の基準ではない−の2点に集約できる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101210-00000633-san-int

★☆★



ここんとこなんか疲れ気味で、やばいかも!
今後もごひいきに!
これでおしまいです。


ひろと6gvgのブログ
wwgd9j4gのブログ
本日の収穫
今日の習い始め
今週の見習い
私の俗学
今週の事柄
今日の経験
posted by そうたyotz at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノーベル賞きょう授賞式 若手研究者に希望の光 日本の科学技術、改めて注目 を取り上げてみました。

面白いと思ってくれるといいんですが・
ちょっと時間があるので書き込みです。
速報のことです。

☆★☆

ノーベル賞きょう授賞式 若手研究者に希望の光 日本の科学技術、改めて注目
産経新聞 12月10日(金)7時57分配信

ノーベル賞の授賞式が、提唱者アルフレッド・ノーベルの命日である10日に開かれる。平和賞を除く5賞はスウェーデン・ストックホルムで開催。化学賞受賞者に選ばれて2カ月、鈴木章・北海道大名誉教授(80)、根岸英一・米パデュー大特別教授(75)もメダルや証書を受け取り、喜びは頂点に達する。

◆社会・経済に貢献

鈴木章さんと根岸英一さんが加わり、日本人の化学賞受賞者は計7人になった。ノーベル賞の受賞は物理学と化学で計4氏が同時受賞した平成20(2008)年以来2年ぶり。科学者の社会・経済に対する貢献の重要性に改めて注目が集まったことは、同年9月のリーマン・ショックを引き金に続く景気の停滞と政権による科学技術への予算締め付けで、将来に不安を募らせていた若手研究者の心に希望の光をともすものとなる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101210-00000111-san-soci

★☆★



明日はどんな話題があるのか、楽しみです。
期待してください。
さいなら!


昨日の課程
今週の受講
今週の心得
昨日の耳学問
今週の言葉
今日の覚え
ゆうだいa1d1
だいちdfmiのブログ
posted by そうたyotz at 10:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。